2007年6月 1日 (金)

祝!

本日(6/1)で普通二輪取得1年たちましたぁ!(^o^)/

初心者講習もなかったし、立ちコケ1回のみ(^_^;)ヒヤヒヤすることは何度かありましたが、良かった良かった。

これからも、事故・違反・転倒ないよう楽しくバイクライフをすごしたいです(^^♪

来月は、大型二輪取得1年を迎えます。これからが楽しみぃ~

明日(6/2)はグッドライダーズミーティングに参加します。1年経過後初コケしないよう気をつけよ。

2006年6月 1日 (木)

父:普通二輪免許GET!!

今日は、試験場に行き”普通二輪免許”の書換えを申請します。

普段仕事に行くよりも早起きをし、試験場へ向かいます。

試験場に着き、まずは印紙を購入。

続きを読む "父:普通二輪免許GET!!" »

2006年5月27日 (土)

父:卒業検定

いよいよ卒業検定!あいにくの雨です。急制動が心配・・・

30分も早く教習所に付き、コース図見ながら時間をつぶします。

時間になり、二輪の人はコースのバイク置き場に移動します。

そこで、検定員からコースの説明。今日はコース2で行きますとのこと。

そのあと、コースを全部説明して、ここは○○に注意しなさい。急制動でのエンストは減点ではありません。左足をつくのは減点ですが、右足をついたら検定中止です。スラロームのパイロンに接触してもだめ、1本橋から落ちてもだめ、等々延々と説明が続きます。

走る順番が発表され、今日は人数が多いため2チームに分かれて検定。
私は大型3名のあと4番目。ただし普通二輪では1番目。私の後は高校生くらいの女の子二人。

雨なのでカッパを着る時間を与えられたのですが、全員がいっせいにロッカーに殺到したので着る場所がない。順番が後の人はちょっと待ってくれぇって感じでした。この頃には緊張でいっぱいいっぱい。

カッパを着て、バイク置き場の下で順番を待ちます。大型の人はコースも違うので参考にならないため、普通二輪の人の運転を凝視!だけど、これが後の祭り。人が走っているのを見ていると、どんどん緊張が増してきて今までにない緊張ぶり。子どもが生まれるときの方がまだ緊張していなかった気がします。

さて、いよいよ私の番。

後方確認をして、ハンドルをまっすぐにしてバイクを垂直にして、右足はすぐにステップに。

あれ?スタンドはらうの忘れた?後方を見てから降りて、もう一度やり直し。
あちゃぁー。こんなこと今まで一度もなかったのに・・・

スタートして走り始めたけど、他の教習者も始まったばかり、いたるところで他の車の通過待ちです。
外周に出る一時停止、信号のある交差点。やっとの思いでクランクに進入。

クランクはまずまず。しかし出たところを右折2回のはずが、車道左に寄ってしまった。後方から検定員がピピッとクラクションをさらされ、その場で止まると「次、右だよ!」っと。

慌ててコース修正して、無事右折。つぎは苦手な急制動。開始地点につくと「じゃあ40km/hで急制動、雨で停止位置は13mだから慌てずにやってください」と優しいお言葉。

しかーし。やってしまった後輪がはっきりとロック。

その後、坂道発進、直線路での指定速度35km/hをクリアし、一本橋、スラロームへ。

一本橋では、これまた今までにないほどのふらつきよう。落ちちゃあいかん!と遠く遠く、はるか先のバイク置き場を眺めて走りました。
スラロームもタイミングが全然合わない!今までにない出来の悪さでした。

S字を抜けて外周に出るとき、小さく左折するのですが、バランスを崩し左足で地面を蹴っちゃいました。
これも減点かなぁ?あららぁ。本当にこんなこと練習ではなかったんですよ。

踏み切りを抜けた後、前方優先道路を右折するのですが、これまた他の車待ち。しかも大型トラック2台!
長い長い時間でした。トラックが居なくなって、ゴール地点で指定場所に入れるときに少しふらつき右足が。。。
もう、アウトだと思いましたね。

他の人の検定が終わるまでロビーで待ちます。この時間ずーっとダメだろうなぁ、講習うけて再検定かぁ。

いつ来れるかなぁと考えながらビクビクどきどき。先週のウキウキわくわくはどこへ行ったのでしょう?

放送がかかり、教室に集合。そこへ検定員がきて入り口から”○○さん”っと。
検定の結果を教室の外の廊下で教えてくれるようです。入り口に近い位置に居たせいか、”合格です!”と言う声が聞こえます。いいなぁと思いつつ目は外を眺めてばかりでした。そのうち私が呼ばれ、廊下に出ると。

”合格です!”えっと我が耳を疑いました。”急制動でロックしちゃいましたねぇ。あれは路上では転倒、しいては事故につながるので危険です。十分に注意して運転してください”とのコメント。
えっ足つきはいいの?左足一回と右足ついちゃったよ?と思いながら席に戻りました。

卒業証明書が発行されるまでの時間で、アンケートに答えてくれとあったので、すべて”最良”インストラクターへのコメント欄も褒めちぎっておきました。何しろ合格にしてもらったんですから!

その夜、我家の食卓は”豪華なお寿司”が並びました!子供達も大喜び!父も大喜び!良かった良かった。

2006年5月20日 (土)

父:8時限目

いよいよ最後の8時限目です。

今までとは違うコースを走るそうです。

検定用のコースには、二つあって、検定当日にどちらを走るかわかるそうです。

今回は、スタート地点をスタート後、障害物、左折を2回、交差点を直進し、クランク。

右折を2回、急制動、坂道発進、外周直線、1本橋、スラローム、S字、踏み切り、ゴールというコース。

大きく違うのは、急制動。今までのコースと反対向きになるので直線が長く、スピードを作りやすい。しかし制動地点にはどぶのふたがあり転倒する人が多いそうです。

確かに速度は作りやすい。早めに40km/hに到達するので、ブレーキングまでに一呼吸おける気がします。

数回、このコースを回り、時間終了。さて、2段階見きわめはどうなの?

インストラクター「はい。技量は問題ありません。当日は緊張してあらぬ失敗をする人が多いので、緊張しないでがんばってください」

やったぁ!!!!!2段階終了!!!!

しかも、バイク置き場から帰るときに「大型はとらないんですか?」と聞くので「とります!」っと即答。

そりゃ大型バイクに乗りたくてバイク免許を取ることになったんですから、とりますよぉ!やめろと言われたってとります!

すると、「お待ちしております」って。私もわくわく。

教習簿を返してもらうときに、「これ渡しておきます。これを見せると優先的に予約を取らせてくれたりするはずですよ」と名刺を頂きました。これって見込み良いって事?

家に帰ってもわくわく!!名刺までもらってさらにうきうき!いい歳して浮かれすぎかな?

父;学科11

シミュレータその3に連続して学科11を受講します。

約30分のVTRを見ます。

二人乗りに関するVTRでした。二人乗りのときの危険性、運転する側、後部に乗る側の注意事項等々

将来、きっと二人乗りをするでしょうから、結構見入っちゃいました。

父:シミュレータその3

今日は、シミュレータその3+学科11

シミュレータ室に入り、まずはVTRを見ながら”危険”について。

バスの発着、前走者の急な右左折、交差点でのいわゆる”サンキュー事故”等々。

次に、シミュレータに乗車し街中コースでこれでもか!って意地悪条件のオンパレード。

2回くらい事故を起こしました。。。

次の時間は、連続して学科11を受講。場所はこのままだそう。

父:7時限目その2

今日は、7時限目2回目。急制動と危険回避をする日です。

まずは、前回うまくできなかった急制動。

スタートしてすぐ2速入れて、40km/hになったら3速入れて速度維持。

パイロンが来て、ブレーキ!!!

すんなりと止まれました。あれ?前回は全然できなかったのに、右足の位置を土踏まずポジションにしただけで?

その後、何回かやりましたが、少々後輪がロック気味になるもの問題なさそうな感じ。

するとインストラクター「じゃ、次行きます。」と別の場所へ。

「これから危険回避をします。この梯子模様の白線が障害物だと思ってください。向こうから30km/hで走ってきて、右に避けてください。」

これはすんなりとできた。次は旗を挙げた方向に避けろと。

右の旗が上がったので、すんなりとできた。

次は、旗を挙げた方向に関係なく、色で判断しろと。白は右。赤は左。両方なら真ん中。

ぱっと出た旗は、両方!しかも右上でなく中ほど。戸惑って左に避けるものの、梯子白線の上。

インストラクターも笑いながら「真ん中ですよね?」って。

どうやら意地悪ではなく、避けなければならない危険がいつおきるか、起きたときのとっさの判断力が必要なこと。判断の後、体が動かなければならないこと、以上ができて初めて危険回避ができることになるということをわかってもらいたかった様子。

路上では、このような場面にあわないよう願いたい。。。

2006年5月14日 (日)

父:7時限目その1

今日は7時限目。

最初はコースを走ります。その後、ついてきての合図でとある場所へ。

インストラクター「ここでは、急制動をします。40km/hを出して、パイロンの位置へ来たらブレーキをかけてください。まずはゆっくり走りますので、ついてきてください。」

走りながら、ここでシフトアップ!ここでブレーキ!等説明を聞いて、いざ自分の番!

まずは、30km/hからと言うことで2速で30km/hをつくり、3速で速度キープ!

パイロンが来たら、ブレーキ!うまくできない・・・ブレーキ操作が急すぎるためリアブレーキがロック!

しかも、ブレーキ開始位置がパイロンのずいぶん手前らしく、フライング!

その後も、何度もトライするが、ロックしたり、フライングだったり、前ブレーキが急すぎたり、40km/hに達してなかったり。。。

難しい。ここまで順調に来たのに、とうとう追加教習かなぁ~

父:6時限目

今日は6時限目。

あらかじめ書くように言われていた”自由コース”を走る日です。散々悩んで書いた自由コースですが、あまり覚えていません。間違えちゃったらどうしよう。

最初は、危険回避の体験、指定された交差点や、直線道路を指定された速度で走ります。
すると、連携をとって走っている車を運転するインストラクターが、急に左折したり、路地から出てきたり、街中でよくある光景を体験させてくれます。

当然、ある程度は予測して走っているので止まれますが、街中ではどうでしょう?

きっと止まれないでしょうね。キープレフトしてては止まれません。斜線の真ん中を走るでしょう。きっと。

次に、カーブでの危険体験です。路上に書いてる約80cm幅くらいの白線指定された速度で走ります。
カーブだからと言ってアクセルを緩めちゃだめだそうです。ただし限界で走る必要はないので、危険を感じたら減速してとのこと。そういわれても恐く感じるものは恐いので35km/hだとアクセルを緩めちゃいますね。

次は障害物。カーブ途中に障害物があるので内側、外側によけて走ります。
障害物前で止まると言うのも。わかっていれば、ぶつかることはありませんが、とっさのときは難しそう。

「では、これからの時間は自由コースを走ります。コース図を見せてください」と言われ、皆順番に見せます。

では出発!スタート地点を出て、左折を2回、障害物をこえ、外周コースへ。坂道発進をして、クランクを抜け、S字へ、その後ゴール地点へ。の予定でしたが、途中で「時間がなくなってしまったので、ここまでにします。バイク置き場に戻りますからついてきてください」と。

結構、がっかりでした。まあまあ悩んでコース考えたのに。。。

父:5時限目その2

今日は5時限目その2。コースを走る2回目です。

前回に引き続き、コースを走ります。さすがに慣れてきて、前回よりはまともに走れるかな?

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ